カンジダ病(男性)

MENU

カンジダ病(男性の場合)

感染することで、患部にかゆみを伴い、また炎症を起こしてしまうカンジダは女性特有の性病だと考えられています。しかし、実は男性でもカンジダを発症することがあり、また、その患者数は相当数いると考えられています。

 

一般的に女性がカンジダに感染してしまうと、性器や膣などに違和感やかゆみを感じるようになります。また織物などのにおいがきつくなってきたり、色が変色するなどの症状が現れます。

 

このように自覚症状があるので、感染に気が付くことができるのですが、男性の場合はカンジダに感染して発症していても自覚症状が小さいので、発見が遅れることが多いようです。

 

男性がカンジダ症に感染すると、性器が乾燥したように、粉を吹いたような状態になるようです。しかし、かゆみな炎症などは女性のケースと比べると少ないようです。

 

冬場など空気が乾燥することで皮膚の状態が悪くなることがあるので、その症状だろうと自分で判断してしまう男性が多いようです。

 

自覚症状が小さいとはいえ、その状態で女性と性行為を行ってしまうと、かなりの確率でカンジダを感染させてしまうので、注意するようにしましょう。

 

病院などでも、カンジダ感染患者数が増えていることが、確認されているようです。性のモラルが低下してくると、ほかの性病も蔓延してくるので、日本でも昔ほど、安全だと言い切れない環境となってきているようです。