ベストケンコーでの個人輸入のご案内

MENU

EDの原因

勃起障害(ED)の原因は多岐にわたります。大きくは身体的な問題と精神的な問題の二つに分けることができます。肉体的な問題には神経障害、血管障害、陰茎の機能障害などがあります。精神的な問題にはストレスや自身の喪失が原因となることもあります。

 

勃起が起こるシステムは、まずは性的興奮が神経を経由して脳に至り、脳から陰茎海綿体平滑筋を弛緩する命令が出されます。その結果として海綿体に血液が入り込み勃起が起こるのです。

 

これらの過程のすべてが正常に機能して初めて勃起することができます。言い換えればこのうちの一つでも問題が起こっていれば勃起障害(ED)の症状が出てしまいます。陰茎に血液を供給する血管、海綿体平滑筋、血管内皮に問題があることでもEDとなります。さらに神経や血管の働きに関与するホルモンや分泌物に障害がある場合は内分泌系のEDとなります。

 

実際のEDにおいては神経系、血管系、内分泌系の異常が一つだけ起こるのではなく重なって起きていることが多く、その場合は複合性ED勃起障害と診断されます。これらを含めて身体的な問題のEDと呼ばれます。

 

精神的な問題で起こるEDは体の機能は正常だと考えられるが、心理的要因などにより勃起することができない状態です。
心因性EDは抑うつ傾向、・観的傾向を持つ人に起こりやすいとされています。「自分は能力の劣っている人間だ」「頑張っても仕方がない」という考えに陥りやすい人はこの条谷に陥っている人が多いといわれています。

 

精神的な問題で起こるED勃起不全の定義としては、体を診察した時にEDの明確な説明ができないときの診断名というわけではありません。中にはカウンセリングを行うだけで症状が改善する方もおられるのが精神的な問題のEDの特徴です。